僕が宗教をやめた理由

【実録】30年間信仰していた新興宗教をやめた男の体験記

カルトとネットワークビジネスって似てない?

f:id:neutral-life:20170722144549j:image

だいぶ前の話ですが、以前一緒に仕事をしてすごく仲良くなった女の子がいました。わたしがその仕事を辞めてからだいぶ経ったある日、その女の子から連絡が入りました。

 

「久しぶりに昔ばなしでもして盛り上がりませんか?」

 

というわけで積もる話もあるし、楽しみにしながら待ち合わせ場所に行きました。(確か池袋)

 

会ってみると、

「あの頃はこうだった、どうだった」

と話が盛り上がりました。

 

しかし、ところどころ相づちを打ちながらも、こちらの話に集中していないと感じる瞬間があったんです。

 

(この雰囲気知ってる)そう思いました。

 

話をしながら目も合っているのに、その目は会話をしている目の前わたしを見ていないという感覚。

 

久しぶりに合って話す、というのとは別に目的がある。そう直感しました。話が一区切り付いたら本題に入るだろうということも分かっていました。

 

そして、いよいよ本題です。

 

女の子「カチローはこれからどうやってお金を稼ぐの?」

わたし「お金?まあ、しばらくは仕事で稼いで、資金ができたら独立しようかな?」

女の子「それだったらいい話があるよ!」

 

それは紹介制のビジネスで、紹介した人が多ければ多いほど、紹介主である自分にお金がはいってくるというもの。

 

よくあるネットワークビジネスです。ネットワークビジネスに対して懐疑的な人はこれをねずみ講と言います。

 

詰まる所、その紹介制ビジネスに参加にカチローも参加しないか?という話だったんです。

 

本題について一生懸命話している女の子を見ながら、自分の中には色んな感情が渦巻いていました。

 

「“昔ばなしで盛り上がろう”というのは口実で、結局はビジネスのために俺を呼んだのだろうか?」

 

会ったばかりの時と、ネットワークビジネスについて話している時の女の子はまるで別人でした。自分のやっているビジネスの素晴らしさをまるで完璧なもののように語っていたのです。そこに映ったのは、途中で相づちを打ちながらも、何か別のことを考えているときの彼女の本質でした。

 

わたしは彼女のいうネットワークビジネスに魅力を感じず、お誘いはお断りしました。

 

するとどうでしょう。今度は彼女の発言が攻撃的になったのです。

 

女の子「そんなんじゃダメよ!」

 

驚きました。誘いを断わったら、延々と批判が始まるですから無理もありません…。

 

話を聞き流して、丁重に誘いを断り続けた結果、彼女はやっと話をやめました。別れ際には元の彼女に戻っていたのですが、わたしとしてはあまり良い気分ではありませんでした。

 

よくよく話を聞いてみると、その後別の友達と会う約束をしているとのこと。きっと目的は同じでしょう。自分の信じてやまないネットワークビジネスに勧誘するための約束。

 

わたしは、早い段階で彼女が何か別の目的を持っていることに気づきました。理由は簡単です。その雰囲気が、新興宗教に勧誘する人と似ていたからです。

 

すべてのネットワークビジネスがそうだとは言いませんが、中には宗教染みた手法でビジネスを展開しようとするものも少なくありません。宗教とビジネスの境い目がわからなくなるほどです。

 

同じ二世信者に聞いた話ですが、その二世信者はネットワークビジネスに誘われて、一度だけ集会のようなものに参加したことがあったそうです。

 

その二世信者いわく、そこの雰囲気が自分たちの宗教の雰囲気と似ていることに驚いたと言います。

 

新興宗教(特にカルトと呼ばれる宗教)とネットワークビジネス、業界は違っても仕組みは同じのようです。

【動画】オウム真理教の元ナンバー2だった上祐史浩氏が語る宗教

f:id:neutral-life:20170702175432p:image

オウム真理教の元ナンバー2だった上祐史浩氏が、オウム真理教を脱会したあとのことをHIP-HOPアーティスト主流のレーベル「9sariグループ」の運営するカフェで話している動画です。

動画自体は20分くらいのもので、上祐史浩氏が話しているのは後半部分になります。実質話しているのは数分ですが「なるほどこの人がナンバー2だったからオウム真理教はあれほど狂信的な信者を集めることができたのか」と思うほど頭がいいです。

 

 

上祐史浩氏はこのブログで言うところのリーダータイプだと思います。しかもかなり洗練されていることがわかります。リーダータイプの周囲の人はみんな「そうそう」とか「うんうん」と相づちを打つ人が多くなります。

 

neutral-life.hatenablog.com

 

ロジックもしっかりしていて、人を会話に引き込む能力が半端ないです。宗教をやっていない人がカルト教団を外側から見ると、

「なんであんな宗教にハマるんだろう?」

と、思うかもしれません。しかし、カルトの中にはこのようなリーダータイプが必ずいるものです。信者はそんなリーダータイプに憧れ、どんどん没頭していくようになります。

 

動画では数分なので何のことか完璧には伝わらないと思います。しかしその数分の中にも、

  • 現世主流
  • アウトサイダー
  • アウトロー

というように宗教や思想について分けることで、うまくロジックを展開しているのがわかるでしょう。

 

特にHIP-HOPのコミュニティにもわかりやすいように、アウトサイダーとアウトローという言葉を選んで使っているところなどは、(一瞬のことではありますが)上祐史浩氏の頭の切れの良さが分かる部分です。

このようなロジックをうまく展開できるリーダータイプは、末端信者の目からとても魅力的に映ります。その魅力的なリーダータイプが崇める教祖ということで、教祖はさらに高い評価を手に入れることができます。

リーダーと聞くと多くが1番トップをイメージしますが、その多くは役職としてのリーダーです。本当のリーダーはナンバー2か側近です。

信者の多くはトップである教祖が輝いているように思っていますが本質は違います。そのトップを輝かせているナンバー2や側近がその周りにいるんです。

多少トップが残念でもナンバー2が良ければ結果オーライといっても過言ではありません。

 

動画と言えどもわたし自身宗教をやめてから久しぶりにリーダータイプを見ました。リーダータイプがどんな人なのか知ってもらうため、今回は動画を引用しました。

 

neutral-life.hatenablog.com

 

neutral-life.hatenablog.com

 

飲む水素 飲む水素

“信仰の誇り”という複雑なロジック

f:id:neutral-life:20170625100721j:plain

興宗教やカルトと呼ばれる宗教の信者たち(特に熱心な信者)は「自分の信仰に誇りを持っている」という言葉をよく使います。

 

二世信者がその宗教を離れていく現状を見て「二世信者が信仰に誇りを持てるようにしてあげたい」といって、対外活動に力を入れる信者もいます。

 

この“信仰への誇り”という言葉を聞いてどのような印象を受けますか?

 

信仰に誇りは必要なのでしょうか?もし必要なら、どうして必要なのでしょうか?誇りを持つとどうなるのでしょうか?

 

今回は信仰への誇りについて考察していきます。(少し複雑な内容になると思います…)

 

続きを読む

二世信者同士“出会いの場”

f:id:neutral-life:20170624094937j:plain

世信者同士の出会いはいくつかのケースに分けられます。

 

例えば、

  • 教団が主催する二世向けセミナーがきっかけで交流を深める
  • 教団の定例集会・礼拝で出会う
  • 信者である親が他の信者の家に行った時にそこの子どもと交流を持つ
  • 親が宗教施設に子どもを預けた時に同じような子と出会う
  • 相手が年上の場合は面倒を見てもらう

などが主です。

続きを読む

プラスとマイナスが共存するバランスの取れた世界

f:id:neutral-life:20170619215705j:image

教の中にいた時は何が「善」で何が「悪」かをよく考えていました。

 

もちろんここでいう善悪のモノサシは自分が所属していた新興宗教の教理だったのですが…。自分の教理の中にあるものは善で、そこから外れるものは悪、その二択の中で育って、まるで全知にでもなったかのように錯覚していたのかもしれません。

 

その善悪のモノサシで測ればわたしは善人でした、たぶん。

 

けど宗教をやめてから気づいたのは、何が善で何が悪かは結構状況や場面、文化や時代背景でも変わってくるということです。

 

宗教をやめてからの自分はあまり頼れる人はいなく絶賛孤独奮闘中で、まるで人生のドン底のようです。もし善悪が状況によって変わる事に気付かなかったら、ちょうど心が弱っている分、宗教になびいていたかも知れません。

 

けど、世界はプラスだけじゃない。マイナスがあって初めてバランスを保てているんだと思うと、今のこの状況も必要な時期なのかな?って思えるようになりました。

 

左に依れば右に戻ろうとするし、右に依れば左に戻ろうとする。成功もあれば失敗もある。楽しい時もあれば悲しい時もある。すべてがうまくいく時もあれば、何もかもがうまくいかずやきもきする事もある。

 

プラスの時もあればマイナスの時もある。

 

そうやってバランスを取ろうとする世界に生きていると思うと、なんか気がラクになります。今日のこの寂しい日が、どうしてでしょう?少し、好きになれます。

 

ジムノペディ第1番が心地よい。