僕が宗教をやめた理由

【実録】30年間信仰していた新興宗教をやめた男の体験記

“信仰の誇り”という複雑なロジック

f:id:neutral-life:20170625100721j:plain

興宗教やカルトと呼ばれる宗教の信者たち(特に熱心な信者)は「自分の信仰に誇りを持っている」という言葉をよく使います。

 

二世信者がその宗教を離れていく現状を見て「二世信者が信仰に誇りを持てるようにしてあげたい」といって、対外活動に力を入れる信者もいます。

 

この“信仰への誇り”という言葉を聞いてどのような印象を受けますか?

 

信仰に誇りは必要なのでしょうか?もし必要なら、どうして必要なのでしょうか?誇りを持つとどうなるのでしょうか?

 

今回は信仰への誇りについて考察していきます。(少し複雑な内容になると思います…)

 

続きを読む

二世信者同士“出会いの場”

f:id:neutral-life:20170624094937j:plain

世信者同士の出会いはいくつかのケースに分けられます。

 

例えば、

  • 教団が主催する二世向けセミナーがきっかけで交流を深める
  • 教団の定例集会・礼拝で出会う
  • 信者である親が他の信者の家に行った時にそこの子どもと交流を持つ
  • 親が宗教施設に子どもを預けた時に同じような子と出会う
  • 相手が年上の場合は面倒を見てもらう

などが主です。

続きを読む

プラスとマイナスが共存するバランスの取れた世界

f:id:neutral-life:20170619215705j:image

教の中にいた時は何が「善」で何が「悪」かをよく考えていました。

 

もちろんここでいう善悪のモノサシは自分が所属していた新興宗教の教理だったのですが…。自分の教理の中にあるものは善で、そこから外れるものは悪、その二択の中で育って、まるで全知にでもなったかのように錯覚していたのかもしれません。

 

その善悪のモノサシで測ればわたしは善人でした、たぶん。

 

けど宗教をやめてから気づいたのは、何が善で何が悪かは結構状況や場面、文化や時代背景でも変わってくるということです。

 

宗教をやめてからの自分はあまり頼れる人はいなく絶賛孤独奮闘中で、まるで人生のドン底のようです。もし善悪が状況によって変わる事に気付かなかったら、ちょうど心が弱っている分、宗教になびいていたかも知れません。

 

けど、世界はプラスだけじゃない。マイナスがあって初めてバランスを保てているんだと思うと、今のこの状況も必要な時期なのかな?って思えるようになりました。

 

左に依れば右に戻ろうとするし、右に依れば左に戻ろうとする。成功もあれば失敗もある。楽しい時もあれば悲しい時もある。すべてがうまくいく時もあれば、何もかもがうまくいかずやきもきする事もある。

 

プラスの時もあればマイナスの時もある。

 

そうやってバランスを取ろうとする世界に生きていると思うと、なんか気がラクになります。今日のこの寂しい日が、どうしてでしょう?少し、好きになれます。

 

ジムノペディ第1番が心地よい。

【お礼】3000アクセス達成しました。

f:id:neutral-life:20170614130751j:image

おかげさまでブログを始めてから1ヶ月半でアクセスが3000件になりました。

 

多くの方が新興宗教の内情やその中にいる二世信者について関心を持ってもらえるなら本望です。これからも頑張ります。よろしくお願いします。

 

追伸

 

はてなブックマークとかフェイスブックでシェアしていただけるとウレシいです(チャッカリ)

 

カチロー

宗教が主流派と分派に分かれる理由

f:id:neutral-life:20170613232908j:plain

ぼすべてと言っていいほど宗教は分派や幹部の対立という現象が起きます。

仏教も釈迦(シャカ)を開祖として、現代では無数の宗派がありますよね?

キリスト教もイエス・キリスト一人から始まったにも関わらず、カソリックとプロテスタントに分かれ、仏教同様無数の宗派に分かれています。

イスラム教も一神教を掲げているにも関わらず、歴史の中でスンナ派とシーア派に分かれました。イスラム教は今でも多様な実態を持つようになっていて、中にはイスラム国を名乗ってテロ活動を行う組織がでている状態です。

実はこのような宗教の分裂は比較的新しい新興宗教やカルト教団でも起きています。

なぜこのような分派や分裂が起こるのでしょうか?

今回は「宗教が主流派と分派に分かれる理由」について考察してみました。

続きを読む